読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたりはプリキュア 2話 「カンベンして!闇に狙われた街」感想(2)

ふたりはプリキュア 感想

watagassy.hatenablog.com

↑の続きです。

 

 AパートとBパートで分けるようにして感想を書いていて気づきましたが、アイキャッチが尺の半分でないとこにありましたね。

普段テレビでアニメを見ている時にはあまり気にしないことですが、パソコンなどで見ているとこういうことが気になるものです。

調べてみると、そういった時間配分に関しては以下が詳しいですね。

 

テレビアニメ - Wikipedia

 

Aパート/Bパートは、定形の時間枠ではなく、おおむね合計で20分30秒になる。作品の演出により、CMが本編にかからないように割り振るなど、時間配分は変更される。

 

とあるので、この辺はどこでアイキャッチ入れようが特に規定はないということでしょう。

このアイキャッチが特別長いのはゆるゆりくらいみたいですが、他にそういう作品ないんでしょうか。

 

www.youtube.com

1期の京子のアイキャッチが好き。

 

アイキャッチついでですが、自分の中で最高のアイキャッチ宇宙のステルヴィアアイキャッチです。

 

www.nicovideo.jp

 

自然と宇宙の雄大さや、冒険心くすぐる景色を美しく描いた絵もさることながら、Aパートの優しく透き通るようなBGMも、Bパートの力強く何かが始まるようなワクワク感のあるBGMも本当に良い。

内容も、少年少女の成長と苦悩をじっくりと描いたとてもいい作品です。19話なんかとても好きなんですが…これはまた機会があれば書きます。

 

さてふたりはプリキュア2話感想(2)です。

 

藤ぴーの前で赤面した理由に気が付いていないなぎさメップル。この恋心はどう変わっていくのでしょう。

f:id:watagassy:20160225014311j:plain

 

そして突然挟まれる「なぎさ、メップルのふるさとの話を聞かせてやろうかメポ」とかいう提案。いわゆる設定解説というわけですが凄い唐突だ…。

「別に聞きたくない」なぎさが答えると涙目で「う”う”う”~~お願い~~聞いてほしいメポ~~~」なんて言ってくるし、「はい」を答えるまで続きに進ませないRPGみたいな強引さですよこれ。

f:id:watagassy:20160225014448j:plain

 

とりあえずメップルの言うことをまとめるとこういうことみたいです。

 

 

と、いうことらしいです。「ドツクゾーンのせいで世界がやばい!」くらい把握していれば良さそう。

 

同時並行でほのかもミップルと会話をしていますが、途中やってくるおばあちゃんがどうもプリキュア事情を何か知ってそう。今はほのかもおばあちゃんもお互いに対して核心的な事を言っていませんが、これもどうなることやら。

f:id:watagassy:20160225020926j:plain

 

さてそこでピーサードによる襲撃が入ります。なんと町中の電気エネルギーを奪っているようで、規模がデカい。

どうでもいいですが、2話で町中に電気系のトラブルが起きるのはロックマンエグゼのアニメもですね。(ホントどうでもいい)

 

電気エネルギーが奪われたことで停電が起こり、デパートのエレベーターに、なぎさの友人であるしほりなが閉じ込められてしまいます。

f:id:watagassy:20160225022542j:plain

 

この2人が閉じ込められている位置、どう見ても地上からかなりの高さがありますが、なぎさほのかはどんな視力してるんでしょう…。

f:id:watagassy:20160225025133j:plain

 

2人を救出しようとなぎさたちがデパートの屋上へ向かうと、そこにはピーサードと掃除機型のザケンナーが。彼はなぎさたちを見かけるなり変身前でもお構いなく攻撃してきますし、緊迫感ありますね。

 

ザケンナーに押され気味の戦いですが、その中で驚くべきことが発覚。なんとほのか相手に触れずに動かすことができる能力があるみたいです。

f:id:watagassy:20160225024318j:plain

f:id:watagassy:20160225024346j:plain

 

この能力の詳細は気になりますが、2話のいいところはこのいちいち能力について語らないところですね。こういう時説明過多だと戦闘の流れが止まっちゃうしつまんなくなってしまうんですよね。

「そんな演出できるならあのメップルの強引さはなんだったんだよ…」という気もしますが、あれは児童に抑えておいてほしい部分だということでしょう。キッズアニメを見るということは、ひとえにこういった「自分はキッズではない」という事実との戦いでもあります。(?)

 

なんだかんだやっぱりプリキュアなり立てだからか、2人ともデパートの方へ投げられてしまいしほりながいるエレベーターの上に。そしてピーサードがそのロープをプッツン!

f:id:watagassy:20160225025230j:plain

 

そこでエレベーターを止める方法が「2人でつっかえ棒のようになって止める」なのがヤバい。流石プリキュアは肉体派!

f:id:watagassy:20160225025810j:plain

f:id:watagassy:20160225025817j:plain

 

個人的に「この案を思いついたのがほのかである」点を強調したいです。頭が切れるしいざという時行動できるほのか。かわいい。

その後のセリフもなぎさ「絶対に許せない!」に対してほのか「お返ししましょう」なのもいい。可愛い女の子から熱が伝わってくるのがたまらない。

 

その後エレベーターの通路内で見事な三角飛びを決め屋上に上がるなぎさたち。ピーサードザケンナーを使いすかさず攻撃しますが、2人が手をつなぐとオーラが2人を守ります。

f:id:watagassy:20160225030636j:plain

 

OPでは3度も手をつないでいますし、変身の時も必殺技の時も手をつなぐふたりはプリキュア」にとって、「手をつなぐ」という行為はとても重要だとわかる…んですが。

 

このシーン、下のカットから

f:id:watagassy:20160225031352j:plain

 

いきなりこれに切り替わったのを見たときはさすがにビビりましたね…。

f:id:watagassy:20160225031359j:plain

 

いくら長期クールアニメ(特にシリーズ最初期)では作画等が不安定なのを知っていても流石に脈絡なさすぎるぞ!!しかも手をつなぐのが重要なら手をつなぐまでをちゃんと描いてくれよ!!三角飛びしてる場合じゃねえぞ!!

f:id:watagassy:20160225031724j:plain

 

この回全体的に演出面で不安を覚えるとこがありましたが、これもまた今後どうなるか気になりどころですね…。(ある意味、これだからアニメを見るのは楽しい)

 

さて、そして反撃の機会を得た2人が、プリキュアマーブルスクリューを放って掃除機型ザケンナーを撃退します。その後止めとばかりになぎさザケンナーに蹴りをぶちかますと、ザケンナーは小さくなり元の掃除機に戻ります。

最後は、掃除機になぎさの付けた蹴り跡が残っているシーンがアップになって終わり…というホラー的なオチでした。

 

 

2話は販促や設定説明を詰め込んだ回でしたが、大事なところはきちんと押さえてる感じでしたね。演出などもある意味で面白かったです。

そうそう、演出といえば、スタッフなども話題にしようと少し調べてみたのですが、存外各話のスタッフをデータベース化したものってないんですね。こんな人気シリーズのデータなんだからポンポン出てくるものかと思ったら、こちらが見つかるくらいでした。

http://rinshi.sakura.ne.jp/anime/Precure.html

 

やはり初代ぐらいだと紙媒体でデータになってることの方が多いのでしょうか。気になりますね。

 

 

さて、続きの感想もどんどん上げていきたいと思います。次は3話の感想で。

 

f:id:watagassy:20160225034846j:plain

EDのほのかがクソ可愛い。